コーンとマヨネーズの共演!キューピー「パン工房コーン&マヨ」評価レポート

パン

食パンに塗ると簡単に総菜パンのような仕上がりを実現できるのがキューピーのパン工房シリーズです。

塗ってそのまま食べることはもちろん、焼いて食べるという楽しみ方も可能です。

今回はパン工房シリーズの中から「コーン&マヨ」の評価レポートになります。

スポンサーリンク

商品について

商品名パン工房コーン&マヨ
メーカーキューピー
内容量150g
エネルギー101kcal
購入日/購入店
2020年8月/トライアル※1
価 格199円※2
特 徴コーンとマヨネーズの共演

※1 時期や購入店によっては販売していない可能性があります。

※2 価格は購入店や時期によって異なる場合があります。

開封写真 本体

開封写真 フタの部分

調理

調理といっても食べ方は簡単で食パンに塗るだけです。

このまま食べてもおいしそうですが、せっかくなので焼いてみました。

トースターに入れて約2分30秒ほど焼き上げます。

これで完成です。綺麗に焼きあがりました。

実食レポート

焼くとおいしさアップ

焼いて食べるパターンとそのままのパターンを試した結果、執筆者としては焼くパターンが気に入りました。

焼くとコーンの香りが強くなりますし、トーストのカリカリとマヨネーズが相まってサクサク食べ進められました。

そのままでもおいしい

もちろん、塗ってそのまま食べても美味しかったです。焼いていないので全体的にしっとり、柔らかくなります。

しっとり柔らかな食感がお好みの場合は焼かない方が良いでしょう。カリカリ感を味わいたいなら焼くのがおすすめです。

サンドイッチの具にできそう

これはパッケージの裏面です。サンドイッチの具にしていました。

これは食べなくても絶対に美味しいですし、マッチするとわかりますね。

次回購入した際に試してみたいです。

容器はダブルキャップの方が良かった

キューピーのマヨネーズの容器はダブルキャップ(細口・星型)になっていますよね。コーン&マヨは丸型のみです。

中にコーンが入っているのでマヨネーズのように細口にするのは難しいかもしれませんが、丸型でももう少し小さくしてしほしかったです。

その方が小回りが効くので塗りやすい気がしました。

また、このサイズの丸型だとつい「ガバッ」と出してしまうことが起こりそうです。すぐ使い切ってしまうのはもったいない気がしました。

スーパーマーケットやネット通販で買える

この商品はトライアル(スーパーマーケット&ホームセンターのようなお店)で購入しました。

スーパーマーケットなら販売している可能性は高いです。トライアル以外ではイオンでも買ったことがあります。

また、ネット通販で購入できます。

評価

キューピー「パン工房ツナ&マヨ」評価
ボリューム1.5
価格1.5
2.0
食感2.0
販売エリア2.0
◆ひとことレポ◆
塗るだけでコーンとマヨネーズの総菜パンが完成します。焼いても、そのままでもおいしく食べられるでしょう。

実食レポート・評価について:
執筆者の体調、嗜好などによる不確定要素を含んでいるため、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも当サイトの感想と見解として参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました